メニュー 閉じる

 脳神経科学



    /25
    0 votes, 0 avg
    1

    脳神経科学

    脳神経科学(基礎)①     脳の部位と機能

    1 / 25

    中心溝より後ろにあり、空間認識に関わり一次体性感覚野がある領域は?

    2 / 25

    中枢神経系で、有髄神経線維の束になっているところは?

    3 / 25

    脳新皮質を解剖学的・細胞構築学的に1~52までの領野に分類したものは?

    4 / 25

    視床にある神経核群で、網膜からの視覚情報を後頭葉の一次視覚野に伝導する中継しているのは?

    5 / 25

    大脳の奥にあり、海馬や偏桃体、帯状回などからなる構造物の総称は?

    6 / 25

    脳や脊髄の内部で、主に灰白質からなり、神経系の分岐点や中継点になっている塊は?

    7 / 25

    脊髄から左右に出ている脊髄神経は左右何対からなるか?

    8 / 25

    パーキンソン病ではここからのドーパミン作動性ニューロンに異常が見つかっているが、中脳にあるこの神経核は?

    9 / 25

    中枢神経で、灰白質はどれとどれ?(2つ)

    10 / 25

    自律神経で、緊張状態や興奮状態で優位に働くのは?

    11 / 25

    一次視覚野(V1)や二次視覚野(V2)があり、視覚刺激の処理を担うのは?

    12 / 25

    一次運動野やブローカ野があるのは?

    13 / 25

    視覚野の経路は2つに分けられるが、空間認識に関わりwhere経路ともいわれるのは腹側経路か背側経路か?

    14 / 25

    視床にある神経核群で、聴覚情報を側頭葉の一次聴覚野に伝導する中継しているのは?

    15 / 25

    視覚野の経路は2つに分けられるが、色や形など対象の認識に関わりwhat経路ともいわれるのは腹側経路か背側経路か?

    16 / 25

    ニューロンの繰り返し発火によってシナプスの伝達効率が増強され、発火が減ると減衰するというヘッブの法則やヘブ則と呼ばれる法則(のちの長期増強)は何に関連するか?

    17 / 25

    中枢神経系で、神経細胞の細胞体が存在しているところは?

    18 / 25

    自律神経のうち、平常時やリラックス時に優位に働くのは?

    19 / 25

    左右の大脳半球をつなぐ太い神経線維束は?

    20 / 25

    外側溝(シルビウス溝)より後ろにあり、一次聴覚野やウェルニッケ野があるのは?

    21 / 25

    視床、視床下部、松果体、脳下垂体などを合わせた自律神経系の中枢で、脳幹の一部に数えられることもある部位は?

    22 / 25

    線条体・黒質・視床下核などを含み、大脳皮質の細胞と視床や脳幹を結びつけている神経核の集まりは?

    23 / 25

    脳に出入りしている末梢神経のひとつである脳神経は、左右何対からなるか?

    24 / 25

    中枢神経で、白質はどれとどれ?(2つ)

    25 / 25

    延髄、橋(きょう)、中脳、(と間脳)という器官の集合体をなんという?

    あなたのスコアは

    平均スコアは 100%

    0%

    • Pos.
      名前
      スコア
      所要時間
    • 1.
      かささぎ先生
      100 %
      259s
 

    /16
    0 votes, 0 avg
    0

    脳神経科学

    脳神経科学(基礎)②     神経細胞

    1 / 16

    主に興奮性の神経伝達物質として知られ、学習や記憶、アポトーシスに重要な役割があるといわれているのは?

    2 / 16

    神経細胞に高頻度に刺激を与えると、シナプスでの伝達効率が向上し持続した。この学習にかかわるとされる現象は?

    3 / 16

    神経細胞が筋繊維にみられる、入力刺激が閾値を超えると興奮(反応して出力)するが、超えない時は興奮しないという法則は?

    4 / 16

    軸索末端の小胞から分泌され、他の神経細胞に信号を伝達するものは?

    5 / 16

    交感神経の神経伝達や、抗うつ剤SNRIにかかわる神経伝達物質は?

    6 / 16

    主に抑制性の神経伝達物質として知られているのは?

    7 / 16

    動機付けやパーキンソン病にかかわる神経伝達物質は?

    8 / 16

    投与されたアドレナリン(エピネフリン)やノルアドレナリン、その前駆体であるドーパミンなどはそのまま血管を通して脳に吸収されないが、レボドパ(L-ドパ)なら)浸透して入っていくことができる。このような脳での物質交換に制限を設ける防御機構を何というか?

    9 / 16

    神経系で神経細胞ではない細胞の総称で、神経細胞の50倍以上あるとされ、神経細胞の代謝や脳内環境の維持などにかかわっているのは?

    10 / 16

    有髄神経で、活動電位がミエリン鞘を超えてランビエ締輪へと次々と素早く伝導していくことを何という?

    11 / 16

    活動電位が生じるのは、脱分極が閾値を超え、主に細胞外にあった何が細胞内に流入するため?

    12 / 16

    平常時は、細胞膜内は約-70mVで安定しているが、これを何という?

    13 / 16

    軸索など神経細胞内での電位の移動と、神経細胞間での化学物質による情報の移動をそれぞれ何というか

    14 / 16

    副交感神経の神経伝達物質で、アルツハイマー型認知症との関連も指摘されているのは?

    15 / 16

    抗うつ剤SSRIに主にかかわる神経伝達物質は?

    16 / 16

    神経細胞間で情報の出力と入力をする接触部位やその構造を何という?

    あなたのスコアは

    平均スコアは 0%

    0%

    • Pos.
      名前
      スコア
      所要時間
    • There is no data yet
 

    /18
    0 votes, 0 avg
    0

    脳神経科学

    脳神経科学(基礎)③     脳機能測定・損傷関連

    1 / 18

    周波数30Hz以上で、イライラしている時にみられるのは?

    2 / 18

    言葉の理解や発語は良好だが、聴覚的短期記憶の障害や聞いたことをそのまま伝え返したりできないのは?

    3 / 18

    うつ病などの治療にも使われ、8の字型の電磁石を近づけて局所的に磁場を変化させることで、脳を直接的に侵襲せずに弱い電流を特定の脳組織に生じさせるのは?

    4 / 18

    クリューバーとビューシーによる実験で、脳のある部位を含む両側側頭葉を切除されたサルは、本来回避するヘビなどを怖がらず口に運んだり、性行動の異常がみられた。この恐怖対象の検出など情動に関わるある部位とは?

    5 / 18

    失語症で、言葉の理解や発話内容の意味はよく保たれているが、発話が緩慢になったりぎこちなくなったりする症状が現れ、運動性失語とも呼ばれるのは?

    6 / 18

    周波数4~7Hzで、入眠時など浅い睡眠でみられるのは?

    7 / 18

    周波数8~13Hzで、安静時などにみられるのは?

    8 / 18

    脳が休んでいる睡眠で、副交感神経が優位になり心拍数などが低下している睡眠は?

    9 / 18

    周波数0.4~4Hzで、睡眠段階3、4段階目など深い睡眠でみられるのは?

    10 / 18

    ノンレム睡眠の第2ステージで頭頂部に現れる12~14Hzの特徴的な脳波は?

    11 / 18

    睡眠は第1段階からレム睡眠まで含めて何段階あるか?

    12 / 18

    脳脊髄液が吸収されなかったり循環に異常が生じて頭蓋腔内、脳室に貯まって脳を圧迫する病気は?

    13 / 18

    周波数14~30Hzで、集中時などにみられるのは?

    14 / 18

    事故による脳損傷で人格が変わったといわれるフィニアス・ゲージはどのあたりを損傷した?

    15 / 18

    夢を見ていることが多い比較的浅い睡眠で、速い眼球運動がみられるのは?

    16 / 18

    病気や事故などにより、言語・注意・記憶・遂行機能・社会的行動などの知的な機能に障害が生じたのは?

    17 / 18

    脳波測定で、特定の刺激や運動に関連して生じる脳波は?

    18 / 18

    左視野のものが何か答えられなくなるなどの影響が出る、脳梁を(ある程度)切断された状態は?

    あなたのスコアは

    平均スコアは 0%

    0%

    • Pos.
      名前
      スコア
      所要時間
    • There is no data yet

 

▶フォーラム

WWTへようこそ!

当サイトをより使いやすく▼
×