メニュー 閉じる

<基礎>分析心理学 ユング

HOME フォーラム 臨床心理学 <基礎>分析心理学 ユング

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後に管理人により3ヶ月、 1週前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #732
    管理人
    キーマスター

    ユングは統合失調症の研究者ブロイラーに師事し、フロイトとも当初意気投合したが、リビドーの概念について対立し決別(ユングはリビドーを性的エネルギーにとどまらない広義の心理エネルギーとした)。

    のちにユングはフロイトの精神分析と区別して「分析心理学」(analytical psychology)を創始。

    〇集合的無意識

    ユングは無意識を「個人的無意識」と「集合的無意識 (collective unconsciousness)」を仮定。集合的無意識は個人の経験を超えて深層に存在する構造。集合的無意識の中で、象徴やイメージを生み出す源を「元型」(アーキタイプ)という。元型にはアニムス(女性の心の中の男性像)とアニマ(男性の心の中の女性像)、ペルソナ(仮面、社会適応のための外的側面)、(自我を補完する。否定的な影は受容できない暗い部分)、自己(心の全体性。諸元型はここに帰着する)、太母(受容的な母性像)、老賢者(理性的な智慧)、トリックスター(秩序を壊すが否定的にも肯定的にも働く)、英雄などがある。

    〇コンプレックス

     感情や衝動、観念など様々な心理的要素が複雑に絡み合った複合体。感情に色付けされた心的複合体、意識されていない感情複合体とも。劣等感と同義ではない。

    コンプレックスは個人的無意識に、元型は集合的無意識に関連する。

    ▼次ページから確認問題

    Pages ( 1 of 3 ): 1 23Next »

WWTへようこそ!

当サイトをより使いやすく▼
×